私が敬愛する方 

このブログにいらっしゃる方で、
JINさんという名前をご存知の方はどれくらい居るものでしょうか?
JINさんは、当身、つまり一撃失神を用いた小説を書いている方で、
私の趣向にドンピシャであり、
私がこの腹界(腹パンチジャンルのこと)で、もっとも敬愛する方なのです。
そのJINさんが少し前から、電子書籍という媒体で作品の販売をはじめております。
こちらです。
『闇の拳』や『忍』は、以前ネットで発表されていた作品ですね。
今回、新たに発売ということで、加筆修正などをされている可能性もありますね〜。

私も買って読みたいところなのですが、調べたところ、
Macユーザーであり、電子書籍端末(ソニーのReader)を持っていない現状、
買っても読めないという歯がゆさなのですよね。
『ブンコビューア』という閲覧ソフトがMacに対応していないのですよね…!
ち、畜生がぁ〜!
…やはり端末を買うべきか…う〜む。
(追記)
端末を買ったとしても、コンテンツを転送するソフトがMac OSは対応していないようです。
どうしたものか…。

読める環境にあって、気になる方は是非に!
JINさんが作り出すその世界観をお楽しみあれ!

それでは〜。
スポンサーサイト
[PR]


[2011/06/04 01:32] ひとこと | トラックバック:(-) | コメント:(7)

「闇の拳」と聞くと家族に隠れてこっそりFRISを見ていた頃
を思い出しますw
出てくるキャラクターとシチュエーションには大変興奮させられ
ましたね!
[2011/06/04 14:41] raw [ 編集 ]

ここでその名前が出るとは!

自分もJINさんの作品に影響を受けてSSを書き始めた身ですので、勝手に師と仰いでます。

闇の拳、幻の5話が収録されているので一見の価値ありなんですが、macでは読めないのですね・・・残念。
[2011/06/04 16:40] ランサー [ 編集 ]

JINさん

JINさん出版デビューされてたのですね。
しかも新作らしき作品も・・・。
他にも幾人かの物書き様たちがいましたが、ぱたりと姿を消されてしまいもう拝見することはないのかと思っておりましたが、壮健のようで嬉しく思います。

闇の拳シリーズの5弾があるのならば購入してみたいい・・・。
他にも未完の作品群が記憶を呼び起こしますが、今後期待できるのかも?!
[2011/06/04 23:00] petit [ 編集 ]

JINさんの小説は本当に凄い……。
あの重厚な文体と表現力は驚くばかり。
凄すぎて読むのにMP使うレベルです。
[2011/06/04 23:38] 燻製ねこ [ 編集 ]

返信

コメントありがとうございます!

>rawさん
私は、フリスよりも『闇の拳』のほうを最初に見つけたんですよね。検索でかかって。
それからは、もうJINさんの作品にハマってしまいました。
JINさんの作品に出会っていなければ、
私こと一撃は、ネットに存在しなかったと思います。

>ランサーさん
ランサーさんも、JINさんの作品がお好きでしたか。
影響を受けたということですが、
それはランサーさんの作品を読んで、密かに感じておりました。
しかし『闇の拳』だけが値段が高いと思っていたのですが、
これまで発表されていた1〜4だけじゃなく、5も収録されているんですね〜。
残念…とはまだ言いたくないっ!
何か、手はあるはず…何か何か何か。

>petitさん
『美女の秘拳』が新作ですね。
ランサーさんのコメントによりますと、『闇の拳5』も収録されているようですね。
読める環境にあるなら、(私のぶんまで)是非に〜!
未完の作品というと、私は『ガイアリオン・サーガ』を思い出しますね。
あれも超好きな作品です。
発売されたらいいな〜。

>燻製ねこさん
まったくおっしゃる通りですね!
「凄すぎてMP使う」って表現も頷いてしまいますし。
[2011/06/05 02:51] 一撃 [ 編集 ]

ありがとうございます。

JINです。

遅れてしまいましたが、一撃さん、サイト立ち上げ、おめでとうございます。

真摯に絵と向き合う姿勢が、精緻な筆致に現われる。その典型例が、あなただと最前から感服しておりました。

拙作の宣伝までしていただき、感謝に堪えません。

すでに「わたしだけの大奥」という作品も一部の電子書店で発売がはじまっています。

今年は、あと数作は発売にもっていけると思っています。

よければ読んでやってくださいまし。

これからもすばらしい一撃ワールドを拝見させてください。
最大の期待を込めて応援しております。
[2011/06/08 08:58] JIN [ 編集 ]

返信

>JINさん
JINさんお久しぶりです〜。
そして、応援のお言葉ありがとうございます!
JINさんの作品はすごく読みたいのですが、
記事に書いたとおり、買っても読めないという残念な現状です。
ただ、電子書店によっては、
iphoneかipadがあれば読めるようになる可能性が出てきました。
これらを購入しようか検討中です。
これからも発売する作品があるということで、ワクワクします。
私も、JINさんを応援しております!
[2011/06/09 03:04] 一撃 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する